会社の設立

会社の設立登記

 新しく会社を設立するには、会社の設立登記をします。以前は株式会社を設立するには、資本金を1,000万円以上にしなければいけませんでしたが、平成18年の会社法の施行により、この最低資本金の制度がなくなった他、取締役も会社の形態によっては1名のみでよいなど、株式会社の設立手続きは大幅に簡素化されました。

 会社の設立登記までの流れは、まず定款を作成して会社の基本事項を定め、公証役場で公証人に定款を認証してもらい、資本金の払い込んだ後に、法務局へ登記を申請します。当事務所はこの一連の手続きにおいて書類の作成およびアドバイスをさせていただきます。

▲このページのトップに戻る