不動産の売買・贈与などの登記

1、土地や建物その他の不動産の取引

 不動産を購入したり贈与を受けたりして所有権を取得したときに、登記名義をご自身に変更する手続きが必要です。加えて取引の対象となる不動産に抵当権などの担保権が残っていた場合の抹消登記や、ローンを利用して購入した不動産に抵当権を設定する登記なども必要になってくる場合があります。安全・円滑な取引のために権利関係を登記簿にしっかり反映させる事が必要です。

2、抵当権、根抵当権の設定・抹消など

 例えば住宅を購入する際に、金融機関から住宅ローンを利用してお金を借りる方が多いと思います。その際に金融機関は購入した住宅に抵当権という担保権を設定します。数年後、晴れて住宅ローンが完済されたときには、設定されている抵当権の抹消登記をしなければなりません。「お金は返したんだし、抵当権は形だけ残っているだけだ」と思って放っておいてはいけません。将来その抵当権を抹消する必要が生じたときに、手続きがややこしくなる事があります。

3、その他の不動産登記

 不動産登記の内容には実は様々なものがあります。 会社の合併・分割による所有権移転登記や離婚に伴う財産分与などで登記名義を変更する場合や、自分の所有する土地のために他人の土地を利用する権利(地役権)を設定する登記など多種多様です。登記はもちろんのこと、実際に契約をする段階から専門的な知識が必要になります。当事務所は登記の部分に限らず、一連の手続きを総合的にサポートさせていただきます。

▲このページのトップに戻る